Posts in Category: 池田フェイス

池田フェイス 少々前進

Pchan、buchi氏、そして久しぶりの倅と。
河又も候補だったけど雪が残っていたらあのアプローチは倅にはキツイだろうってぇ池面にしたぜ。

先週まで残っていたアプローチの雪はすっかり無くなっていたけど倒木は乗り越えて行かなきゃならなかったよ。

岩の状態は一部染み出しがあるけれど登りには影響無し。一昨日の疲労を感じながらのクライミングだったぜ。

(1)”ファースト・フィンガー” ◯

(2)”スティンガー” 6ピン目まで

(3)”もっとDHA” xxx
指が暖まってなかったかな。全体的に動きが硬くて2,3,4ピン目でテンションかけかけ終了点まで。疲労していると核心出だしのホールドが遠いな。

(4)”もっとDHA” xxx 最高継続高度更新
予報通りに気温が上り、虫が宙を舞っている。Tシャツになって離陸。
2ピン目まで唸りながら左右の手を軽くシェイクして核心開始。核心出だしのホールドに指先がなんとか届く。次の右手穴カチ、止まった! 右足をあげ次のミニカチをギリで止める。左足をあげ右手が甘薄カチに届いたところで力尽きちまった。
その後1テンで抜けようってぇ気張ってみたけど1フォール1テンで終了点まで。最高継続高度更新だぜ。

(5)”もっとDHA” xxxx
下部で足がスリップ、ジャミングで足ブラ。もうよれよれだったよ。各駅で回収。

一昨日の疲れもあったけど今のようなフルパワー登りだと2トライが限界。もっと最適化、省力化しねぇとな。

(5)”ファースト・フィンガー” ◯

#”スティンガー”をトライするbuchi氏
・感触は良かったみてぇだ
image
#”ファースト・フィンガー”をトップロープでトライする倅
・前より高いところまで登れたな
image
#アプローチを先行する倅
・途中倒木があって踏み跡が不明瞭になってるぜ
image
御嶽の のしこん屋でのしこん購入。おばちゃん倅のことを覚えていてくれたぜ。
じゃ、またな。

池田フェイス 残雪

Pchanと。
2月の大雪から1ヶ月、雪はどのくれぇ残っているのか? 山の斜面の雪はまばら、駅からのアプローチの雪はほとんどねぇけど沢の斜面には雪が残ってる。「道の雪は全部溶けちまったかな?」ってぇ思いながら坂道を歩いてたんだけど惣岳山の標識辺りから景色が一変。足首くれぇまでの積雪、雪による倒木をくぐり乗り越えながら進む。岩場に着くと”スティンガー”の前の木が折れていて新しいベンチが出来上がってたぜ。岩は処により染み出しがあるけどなんとか登れそうだ。

(1)”ファースト・フィンガー” ◯
岩が冷てぇ。

(2)”スティンガー” xx
岩が冷てぇのと寒ぃので体がガチガチ。

(3)”もっとDHA” xxxx
思い出し便。前回どうしても届かなかった核心出だしのホールドが届く。1月は寒すぎて動きが悪かったんだろうな。要所要所のムーブを固めてロワーダウン。核心出だしの極薄足ホールドが染み出しで濡れてるのが気になるな。

(4)”もっとDHA” xx
離陸に使うクラックが湿っていてスッポ抜けるから妙に力が入っちまう。 2ピン目までクラック登りで高度をあげ小レスト。核心、距離を縮めずに左手を伸ばしちまってホールドに指がかからずフォール。
仕切り直して核心ムーブをこなし3ピン目にクリップ。終了点までつなげるぞ、ってぇ考えてたのに足上げがうまく決まらずもたもたしてたら踏んでる方の足がスリップしてフォール。
仕切り直して終了点まで。

(5)”もっとDHA” xxxx
夕方の染み出しが核心の極薄足ホールドを濡らしちまってる。クラックの湿りに耐えて離陸したけど次のクラックの湿りに気持ちがよれてテンション。各駅で終了点まで。

(6)”スティンガー” x
8ピン目のヌンチャクを掴んじまった。

残雪と一昨日の雨の影響なのか染み出しがあったけど1日登れて良かったよ。

“もっとDHA”、良い感じになってきた次回完登を狙うぜ。

#アプローチの雪
・処により脛まで雪に埋まったぜ
image
#”明日なき世界2004″を探るPchan
・染み出しにペーパーを詰めてムーブを確認image
#アプローチの梅
・2分咲きってぇところかな
image
Pchanお付き合いありがとよ。
じゃ、またな。

池田フェイス 厳しーっ

Pchanと。
前回、イノシシ家族に遭遇したからスマホでミュージックを流しながらアプローチしようかなってぇ考えてたんだけど、間伐作業?でチェーンソーがけたたましく音を鳴らしてたし、猟友会の人達も居たからミュージックは不要だったよ。
猟友会の人に岩登りする事とこの前出逢ったイノシシ家族について情報共有。

(1)”プロパー・ストレンジャー” ◯
(2)”ファースト・フィンガー” ◯
(3)”もっとDHA” ヌンチャクがけ
ムーブ(ホールド)思い出し便。2ピン目までは普通に高度をあげられるんだけどそこから先が厳しい。3ピン目はマスターじゃ厳しいな。足がどれも細けぇ、ってぇいうか薄い! 何度か足がスリップしてフォールしたぜ。

(4)”もっとDHA” xxx
出だしは手順足順をしっかり組み立ててねぇとしんどいぜ。このトライでも迷っちまったからクライムダウンして仕切り直し。2ピン目までストレス無く唸り?ながら到達。細けぇホールドだけど片手づつシェイク出来た、こいつは収穫だぜ。
さて核心。細けぇ足ホールドにハイステップして乗り込む、ジリジリーってぇ手をのばして目標にもうちょいのところでフォール。あれ?前回より遠く感じるぞ、風邪っぴきの影響かな?
2-3ピン間、3ピン目周辺を探りロワーダウン。

(5)”もっとDHA” xx
2ピン目までリズム良く高度をあげる。発見したレストを試すけどさっきより岩が冷てぇから何だか力が入っちまう。核心開始、やっぱり今日は遠くて届かずフォール。
3ピン目のクリップ、、、成功。薄いカチと薄い足ホールドで背伸び気味な状態でクリップするからスリップするんじゃねぇかとヒヤヒヤだったぜ。一旦テンションしてトップアウト。

最高気温は5℃。レッド3のおかげで1日なんとか登れたよ。”もっとDHA”、あわよくば完登ってぇ考えてたんだけど厳しかったぜ。

#”もっとDHA”
・チャートにジャムして切り傷
・薄いカチで指がスリップして指先に内出血
・3ピン目のクリップがとってもシビア
・そんなルートだぜ
もっとDHA
#”明日なき世界2004″を探るPchan
・冷てぇから余計に厳しそうだな
明日なき世界2004
Pchanおつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

池田フェイス 接近遭遇の後 さらにEPA 完登

Pchanと。
寒波到来で本日の最高気温予報は7℃。過去の経験からして寒すぎて良いパフォーマンスは出せねぇだろうな。アプローチに落ちているゴミを拾いながら岩場に到着。

荷物をひろげいつもの様に準備をしている時、そいつはやって来た。
背後に獣の気配を感じ振り向くと軽く目が合う。たまに出逢うカモシカ君かな?ってぇ思ったそいつはいったんブッシュの中に入りおいらの横を通り過ぎ3-4m前に姿を現した、、、。

いっ、イノシシ!!!

目が合う。

あれ1頭じゃねぇ子連れだ、、、か、かなりピンチじゃねぇか!

突進してきたらザックで防御するか、、、。長い時間に感じたけど恐らく数秒間のにらみ合いだったんだろうな、先頭の恐らく母親が踵を返すようにおいらと反対方向に走り出すと子供達は母親に着いていくようにドドドドドーってぇ走り去ってった。子供達といってもうり坊みたいに可愛らしいもんじゃなくて母親をひと回り小さくした感じでデカかったよ。全部で6-7頭はいたぜ。
気が変わって引き返して来ねぇか心配だったから稜線の向こうに姿が見えなくなるまでイノシシ親子を凝視したぜ。嗚呼、怖かったぁ。

後からやって来たPchanにイノシシの事を話すと「蹴り倒して牡丹鍋にすれば良かったのに」だってさ。

まさかの接近遭遇、興奮冷めやらぬ中クライミング開始。

(1)”プロパーストレンジャー”
(2)”スティンガー” 6ピン目まで

Pchanは4℃に満たない気温の中、”ゴースト・ステップ”を完登、めでてぇ。

(3)”さらにEPA” 完登
Pchanに続けとばかりに冷てぇ岩に耐えながら完登。1トライ目で登れて良かった。

“もっとDHA”にヌンチャクをかけ替え、”明日なき世界2004″を掃除しながらロワーダウン。

(4)”もっとDHA” 3ピン目に到達できず
何年か前に二子山でH田さんがおいらに「池田フェイスであれだけ解決出来なかったんですよねー」と教えてくれたのが”もっとDHA”「ぜひ、解決して下さい。」とも。フォーティーンクライマーが解決できない課題ってぇ!?

ピンは全部で4つ。取り付きから見ても明らかに2-3ピン間のホールドが乏しい。核心はそこか。

離陸。クラックを使って1ピン目にクリップ。高度をあげようってぇクラックにねじ込んだ指がうまく決まらずテンション。どうにも進めねぇからアブミを使って2ピン目にクリップ。
核心の2-3ピン間、、、見当つかず敗退。

(5)”もっとDHA” ムーブ解明
夕暮れが近ぇから。トップアウト出来なかったら懸垂下降で回収しなきゃなんて思ってたんだけど、立ちこめなかった箇所が立てるようになったり、ホールドも見えてきたりして各駅ながらムーブ解決、不思議なもんだな。全体的に細けぇし核心のホールドはえれぇ渋いぜ。

#”さらにEPA”(左)と”もっとDHA”(右)
・ヌンチャクのかかっている右上するルートが”さらにEPA”
・細かいクラックから始まるラインが”もっとDHA”
・トライされていないのと染み出しポイントだから掃除が必要さ
さらにEPA、もっとDHA
#アプローチには霜
・毎日冷えるよな
霜
Pchanおつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

池田フェイス ただいま

Pchanと。現地でメガネさんチームと合流。予報通りに最高気温が一桁の寒ぃ1日だったよ。
「池面にはトライする課題は無いのでは?」読者の中にはそう考える人もいるだろうな。けどよ、まだあるんだぜ。

(1)”プロパーストレンジャー” ◯
(2)”スティンガー” ◯
(3)”さらにEPA” ホールド探しの旅
(4)”さらにEPA” x 上部の核心につっこめず
(5)”さらにEPA” xxx 下部核心で落とされる

“さらにEPA”
細けぇだけじゃなくてしっかりムーブもあるぜ、特に上のムーブは面白ぇよな。
ただよ、雨後の染み出しの通り道にルートがあるから湿っぽい泥が岩肌に附着してて気分が悪ぃぜ。
それと「この足のホールドかけねぇかな?」ってぇヒヤヒヤが連続するのさ。
さっくり完登して隣の池面最強?課題”もっとDHA”をトライするつもりだったんだけど宿題にしちまったよ。

#”スティンガー”をトライするメガネさん
・2トライ目で完登、強いねぇ
スティンガー
#アプローチの沢井ゆず
・原色びゅーてぃふる!
沢井ゆず
皆の衆おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

明日なき世界2004 池田フェイス

“スティンガー”を完登して次なる目標を探していたおいら。”ゴースト・ステップ”の左にある中間支点が4つの短しそうなルートに目が止まったぜ。
100岩には公開プロジェクトと書いてあった。おいらこの「公開プロジェクト」っていうのに燃えた。
けどよ、本格的にトライを開始してから調べてみたら、初登を含め3人。既に登られてたんだってぇいうショックとまだ3人しか登ってねぇのかぁってぇいう気持ちになったぜ。

本格的にトライを開始したのは2007年12月。ルートは苔やら泥やらで自然にかえってたから上から回り込んで懸垂してホールドとして使えそうな箇所をたわしで掃除する事から始めたんだよな。
トップロープでムーブを探り始めて細切れながらムーブは解ったんだけど、どうしても2-3ピン間のムーブがわからねぇ。細かな縦の溝があってそれを使ってその上の水平カチを使うのは想像できるんだけどどうやっても検討がつかねぇ。
その水平カチを使うのは間違いなさそうだからおいら水平カチをホールドしたところからクライムダウンをしてみた。ムーブの逆算ってぇやつかな。そしたらムーブが見えてきて、やっと解決。
後は繋げるだけになったんだけど解決したとはいえ2-3ピン間のムーブはやっぱり厳しくてよ、確率の悪ぃムーブだし、失敗した時のフォールする体勢が悪くて、2ピン目をクリップした後のランナウトで精神的に厳しくて、3ピン目まで繋げられるようになるのに時間がかかったよ。
3ピン目までムーブが繋がるようになると次はクリップの厳しい4ピン目まで、そこを越えてからも高度をあげればあげるほど細かくなるカチの連続とふくらはぎのパンプアップで思うように繋げられなかったぜ。

パートナーが見つからねぇ時はtsukaアニキにシャントを借りてムーブを探りに1人で通った事もあったよ。

そういやぁT師匠家族に遭遇した日もあったなぁ。Rock&SnowのDIGIT奥多摩編(未発表)の対象ルートに”ゴースト・ステップ”をとりあげたみてぇで、師匠はその日の数トライ目に”ゴースト・ステップ”を完登。その後”明日なき世界2004″をトライして4ピン目までつないだところであまりのホールドの細かさに笑いながらヌンチャクを掴んでたっけな。おいらはその日、倅の過剰な「ガンバ」コールのなか終了点にあと1手の惜しいトライの連続、T師匠が下でつぶやいた「あ〜、後1手なのになぁ〜」

2008年12月4日、岩が冷たくなる前にとtsukaアニキにビレイを頼んでその日の2トライ目に完登。
最高グレードの更新、第4登、そして何より何の情報もなく、おいら自身で全てをクリアして完登出来たのが嬉しかったぜ。

帰りは御嶽の玉河屋で祝杯。
酔っぱらったスーツ姿のおじさんがおいらのトレッキングシューズを 間違えて履いて帰ろうとしてたのも良い思い出だぜ。

#池田フェイス”明日なき世界2004″5.12c/d 初登者 小林敏氏
・おいらが4人目。その後に2人の計6人しか完登してねぇぜ(勿論おいらの知る限りだけどな)
・隣の”ゴースト・ステップ”より難しいっていう人もいるぜ
明日なき世界2004
正直マニアックな課題だけど皆の衆もトライしてみてくれよな。
じゃ、またな。

スティンガー 池田フェイス

厳しくて楽しくて、クライミングの要素がいっぱいつまってる。何度登っても飽きない。”スティンガー”はそんなルートだぜ。

湯河原幕岩で”スパイダーマン”を完登し”伊豆の踊り子”のおしいトライを繰り返していた時、プラクライマに”スティンガー”の噂を聞き、メグからトライしていると聞いたんだよな。
M師匠と約束をして初めて池田フェイスに行ったのは2006年1月28日、今思うと一番寒ぃ時に良く行ったなぁと思うよ。

スケールのある見事な垂直の壁、とてもとても静かなエリア、電車と歩きで行ける。そんな池田フェイスがいっぺんで気に入っちまった。その後の池面通いは皆の衆も良く知ってるよな(笑)

ファーストトライはテン山ながらもなんとなくムーブ解決してトップアウト。次のトライでいわゆる核心の手前までを繋げて手応えを感じる事ができた。
次回は登れるだろうってぇ思ってたんだけど完登までに費やしたのは6日間。それまで完登までにかけた最長日数が3日間だったからえれぇ厳しく感じたのを記憶してるぜ。

ルートは18mの垂壁、中間支点は全部で8つでピンとピンの間は適度にランナウトしている。6ピン目まではそんなに難しくはねぇけど、ほどよく前腕がパンプするアプローチってぇ感じさ。そこから終了点までがテクニカルな核心部分でおいらは8ピン目周辺で力つきちまうのを繰り返した。

「・・・終了点は目の前なのに」

直前に完登した湯河原幕岩の”スパイダーマン”と比べても”スティンガー”の方がとてつもなく厳しく感じられグレードに対する考えが変わっちまったぜ。

完登日はその年の4月1日。十分にリラックスして、いつもフォールしていた8ピン目周辺も余裕をもってクリア。そして完登。

難しくそして素晴しいルートを諦めずにトライして完登できた時はそりゃ嬉しかったぜ。
早めにあがってM師匠、プラクライマと3人で澤の井園で一杯やったんだっけな。

#池田フェイス”スティンガー”5.11cd 初登者:三池英治
・写真のクライマーはおいら。
・傾斜はほぼ90°、高さは18m。池田フェイスの一番高いところまで登る綺麗なルートさ。
・上部左のカンテを使わないってぇ限定があるぜ。
・雨後は染みだす事もあるから春秋がベストかな。
スティンガー
皆の衆、奥多摩三ツ星ルートをぜひトライしくれよ。
じゃ、またな。

池田フェイス 雨霧霧霧~

P-chanと。
天気予報は軽く雨が降った後に晴れる予報。
岩場についてみると “ゴースト・ステップ”は乾いてるけど “もっとDHA”から左がてかてかに濡れている。
おいらの目標課題もてかてか、今日はP-chanのビレイに専念しよう。
ところが霧雨が止まねぇ”スティンガー”の上のほうから雨水が徐々に簾状に垂れてきていてちび丸子ちゃんブルー状態だ。
湿気でロープが太っちまってロープの操出に難儀したぜ。
P-chanが”ゴースト・ステップ”を1トライしたところで撤収。

#霧雨の池田フェイス
・周りの山はどこもガスに隠れてたぜ
image
染みだし始まっちまうだろうなぁ。
じゃ、またな。

池田フェイス まずはお掃除から

P-chan、tsukaアニキ、H澤さんと
あったけぇ天気予報だったけど肌寒くて岩は冷てぇ1日だったよ。
今日はまだトライしたことのねぇ”さらにEPA”を試してみたぜ。

(1)”ファースト・フィンガー” ◯

(2)”スティンガー” ◯

(3)”さらにEPA” 2ピン目敗退
下からじゃわからなかったけど2ピン目をクリップしたあとにチョークのついているホールド発見。けどよそこから先がというか次の手と足の見当がつかねぇ。
苔やら泥やらで自然に帰っちまった岩面をたわしでこすってみたけどやっぱり見当がつかねぇから一旦降りる。

(4)”さらにEPA” トップアウト
2ピン目周辺はやっぱりわからねぇ。あぶみして3ピン目に進み各駅でトップアウト。5ピン目クリップホールドが遠いぜ。

(5)”さらにEPA” ホールド発見、ムーブ解決
あっ、ここに!
2ピン目周辺のホールドを発見。でもこの足で!?
ムーブは解決したけど時間切れ。次回のお楽しみってぇところだな。

#”さらにEPA”
・2ピン目周辺
・写真で見てもどこに手や足をおけば良いか解らねぇな
・2ピン目クリップ後と5ピン目手前が難しいぜ
・染みだしポイントだから自然に帰りやすいんだろうな
image

#”ファースト・フィンガー”をトライするH澤さん
image

#アプローチの梅
・今年も開花は遅かったな
image
帰りはtsukaアニキと丸亀製麺。客の入りが前より少ねぇな。
皆の衆おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

池田フェイス ゴースト・ステップ 皆の衆完登したぜ!!!

今日はP-chanと。

昨日は春一番。これから多少上がったり下がったりを繰り返しながら気温が徐々に高くなってくるだろうな。昨夜ちょいと雨が降ったけど影響はなかったぜ。
天気予報じゃぁ最高気温は10℃、お日様が元気で北風ぴゅーぴゅー吹く予報だったけど、薄曇りで南風がそよそよ吹く寒い1日だったよ。

いつものように”ファースト・フィンガー”、”スティンガー”の6ピン目までを登っていざ”ゴースト・ステップ”をトライ。

◯今日の”ゴースト・ステップ”
(1)12時くれぇにトライ。そよそよと風が吹いて岩を冷たくしちまってる。「リラックスして丁寧に」心の中で呟いてスタート。岩は冷てぇけど順調に4ピン目まで。無理矢理シェイク、指先はじんじんするけど落ち着いている。
核心スタート。そーっとムーブの時、あまりにも安定してたんで頬を岩につけるの忘れちまった、核心ポケットを触れてフォール。

P-chanが試していた逆L字ホールド後の足裁きをアレンジして試してみる。前回逆L字ホールド後に足があげられなかったからなぁ、、、次のトライでやってみるかな。

ちょいと横になったらうとうとしちまった。このまま寝ちまったら風邪ひいちまうから慌てて起きて次のトライさ。

(2)13時半に離陸。「リラックスして丁寧に」さっきのトライと同じように心の中で呟いてスタート。さっきのトライより岩は冷たくねぇ。息を吐く事を意識してムーブをおこす、2ピン目クリップ。きっちり足をおいてにゅーっとムーブ、3ピン目のクリップ前に深呼吸。3ピン目をクリップして嫌ぁな踏みかえ、嫌ぁなバランスでポケットへ無重力デットポイント、4ピン目クリップ。意識して岩に頬をあてながら、無理矢理シェイク。核心ムーブ開始、岩に頬をあててそーっとムーブ、指のかかりは95点。右足をちょいとあげてカチで壁に体を近づけて右手をチョークアップ。外傾カチをホールドして左足をあげて左手をチョークアップ。中継カチ、右足をあげて薄カチ、気合いのシャウト。ミニカチに乗り込んでフラッキングカチ、足を固めて逆L字、、、とまった。気合いのシャウトをもう一発、左、右と足を進めて5ピン目クリップホールドへ、、、。レストを挟んで最終セクションを丁寧に進めて終了点へ。歓喜の雄叫び”ゴースト・ステップ”、、、完登。

#”ゴースト・ステップ”
・ポーズしてみたけどなんだか疲れてるな(笑)
ゴースト・ステップ

P-chan今日はビレイありがとよ。
今までおつきあいしてくれた皆の衆本当に本当にありがとよ。最初のトライから4年と数ヶ月、、、本当に嬉しいぜ。
できりゃ池面おじさん3人衆でよろこびを分かち合いたかったなぁ。
そういやぁ”ゴースト・ステップ”完登したら(廻らない)寿司ごちそうしてやるってぇ倅に約束してるんだった(笑)。
じゃ、またな。