Posts Tagged: Ninja

Ogawayama Five years plan Day9 “CHOSETSU”

ジュリ子さん、MM、現地でMASAさんと。
連休はなんだかはっきりしねぇ天気、、、せっかくなのに困ったねぇ。

いつもより1時間遅くキャンプ場に到着。テント泊してたジュリ子さんと合流して岩場に向かったぜ。

珍しく岩場には先行パーティ1組。
“予期せぬプレゼント”をトライしてたよ。

おいらは課題にヌンチャクがけ、はじめてどランナウト地帯を抜けて終了点まで抜けたぜ、、、あぁ怖ぇ。

終了点でもう1本ロープをひきあげて”予期せぬプレゼント”にトップロープをセット。

予報が2転3転したけど今日は晴れ予報、お日様元気で湿度が高ぇから正直状態はそんなに良くは無ぇな。

クジラ岩でウォームアップをしたMASAさん到着。2人で課題に取り掛かる。

既に状態待ちリーチなMASAさんのアドバイスを聴きながら3ピン目周辺のムーブを集中して探ったよ。
2度3度と試すだけで足がよれちまってうまく動きを作れねぇ。
靴のソールの大事なぶぶんはもうすり減っちまってゼロだぜ。

2トライ目に動きのコツが掴めはじめてきた、腸腰筋がつれぇ動きだな。
少し伸び上がりてぇだけなのに伸び上がるまでの動きがいくつもあって厳しいぜ。

片側に寄った重心を反対方向にずらして程よいところで伸び上がる、今日はその程よいところが掴めなかったぜ、、、次回だな。
でもよ徐々に解決していく、おいらこのプロセスが好きだな、、、これがクライミングだぜ。

#”予期せぬプレゼント”をトップロープでトライするMM
・はじめてのワイドクラックだったけど時間をかけながらクリア
・青空は気持ち良いんだけど湿度がな
・夕方にはガスが降りてきて空気も岩もしっとり

ヘルシーパークに寄ってひとっ風呂。帰りの渋滞は日祝の並。
皆の衆今日も1日ありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day8 “NICHINICHI KORE KONICHI”

ジュリ子さんと。
列車到着時間と小仏トンネル付近の渋滞を考慮して今日は待ち合わせを上野原にしたぜ。
列車が来るまでの間近くのセブンで朝メシ食ったり時間をつぶしてたんだけどここのセブンツーリングの中継地みてぇでゾロゾロとライダーが集まって来る。
おいら達の世代からするとバイクの集まりってぇとなんだか怖ぇけどそんな感じは全く無ぇ。ただ何故か皆同じ体格と雰囲気に見えたのは気のせいかい?

ジュリ子さんとはインターに近い駅の北口で待ち合わせをしたんだけど帰りにチラ見したら南口が再開発?で拓けてるじゃねぇの、次回の待ち合わせはこっちだな。

廻り目平にはいつもより1時間遅れで到着。兄岩かお殿様岩か迷ったけど陽射しが強ぇから今日はお殿様岩にしたぜ。

クジラ岩を通るいつものアプローチ、エリアまではそんなに遠くねぇんだけどギアが重ぇから足取りはゆっくりになっちまう。

荷物を置いてひと息ついたらウォームアップ無しでヌンチャクがけ、岩は乾いているけどところどころ湿っぽい。前回固めたはずの4ピン目から先のムーブ、足順を忘れちまってて抜けられねぇから一旦地面まで降ろしてもらったよ。

ジュリ子さんは”予期せぬプレゼント”。
去年はトップロープでホワイトポイントしてたんだけどフリークライミングの夏休みでどうやら動きを忘れちまったみてぇで苦戦、、、6番をスタックさせちまうアクシデントのおまけつき。

結局2人とも上から作戦に変更し慌てて別ルートで上まで登ったぜ。

ジュリ子さんもおいらもトップロープをセット。
ジュリ子さんはムーブ解決兼6番救出。約1時間格闘の末に無事6番を救出したぜ。よかったよかった。

さて、おいらの番。
靴をブースティックからミウラvsに替えて出撃しようとしたんだけどなんだかおかしい。靴がなんとなく湿っぽい。足を入れると普段よりきついじゃねぇか。靴が湿気を吸ってきつくなっちまってるみてぇだ。ただでさえ攻めのサイズなのにきつくてしんどいからやっぱりブースティック。

離陸して2ピン目までは安定してきたぜ、2ピン目直後のムーブを起こそうとしたけど足の指が負けてNG。
2ピン目直後のムーブを飛ばして3ピン目までのムーブの思い出し、ここはマッチだったここは高い足上げだったってぇ思い出したよ。

最難関の3ピン目クリップ後のムーブは本当に遠いぜ。逆算の発想で徐々にムーブの始動する位置を下げてく練習をしてみるかなってぇ感じ。

遠いホールドを取れたとしてもその後が微妙な状態に左右されるパート、今日は指に力が入って足遣いがへたっぴになってそのせいで靴が滑ってフォールってぇのを繰り返したぜ。

4ピン目クリップ後の最終セクション。先週固めた通りに動けて終了点まで。

足の指のよれが半端ねぇ、こいつはそういうルートだな。靴の性能でちょいとは改善はするだろうけど足の親指を鍛えなきゃなんねぇぜ。

ヘルシーパークに寄ってひとっ風呂。
帰りの渋滞は日曜日にしちゃ並ってところだったぜ。



ジュリ子さん今日も1日ありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day7 “Makumouzou”

婆様と。
兄岩にしようか5峰にしようかってぇ迷ったけど、お殿様にしたぜ。去年の11月以来。

駐車場からのアプローチは近いけどギアが重ぇ。ゆっくりゆっくりと歩いたぜ、、、体力落ちてんな。

荷物を置いてウォームアップの準備、ここは日陰で風が吹いて涼しい。

トンネルをくぐって”大貧民ルート”2ピッチ目から登る。いつもの行程だぜ。
久しぶりの”大貧民ルート”だったみてぇで珍しく婆様が手こずってたよ。

怖ぇスラブ、楽しい穴潜りを通っててっぺんに。見晴らしが良く風も吹いていて気分が良い。

ラッペルして課題にヌンチャクをセット。
相変わらず威風堂々とした綺麗な壁だぜ。

あんぱんかじってひと呼吸、風が吹いてて気分が良いや。

思い出しのトライ、1ピン目周辺の乗り込みムーブは右足の位置をちょいと修正、左手がちょうど届くようになった。
2ピン目クリップ後のムーブは足の位置を思い出すのに時間がかかったよ。
3ピン目クリップ後のムーブは相変わらず遠いな。でもまだシーズンじゃねぇんだなホールドの感触が芳しくねぇや。

思い出しの2トライ目、2ピン目クリップ後のムーブの手前まで繋がった。足位置を見失っちまってテンションしちまったよ。それにしても足指がよれててうまく立てねぇ、足指力が弱ってるぜ。
1番難しいところを省略してなんとなくはっきりしねぇ最終パートの確認。ほんのちょいと届かねぇホールドについつい目がいっちまうもんだから時間がかかる。基本に立ち返って360度よーく観察して動きを考えたらムーブが見つかったぜ、、、これだ。

今日はここまで。

久しぶりに触ってみたけど何故だか今までより良い感じだぜ。ルートの全体感を冷静に見て感じられたよ。

#”予期せぬプレゼント”をトライする婆様
・なんだか今日は手こずってたぜ
・今年はあんまり小川山に来てねぇのかな?

ヘルシーパークでひとっ風呂。帰りの渋滞は並。
婆様、今日も1日ありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day6 “GA HOU JIN”

あやちゃん、ともちゃんと。
10月は台風続きの週末で全くお外に行けなかったぜ。久し振りのピーカン天気、連休初日の駐車場はまぁまぁの混雑だったよ。

“めおとカンテ”をトライしようと兄岩へ向かうと渡渉ポイントが水没していて渡れねぇ、台風続きの影響だろうな。裾をまくってじゃぶじゃぶも考えたけどこの時季はちょいと厳しそうだからやっとの晴れ日だけどエリア変更、お殿様岩に向ったぜ。

クジラ岩経由のアプローチ、距離はそんなに無ぇけどギア満載のザックを背負っての急登だからか毎回キツイ、やーっとついた感じでひと息。あやちゃん、ともちゃんに”予期せぬプレゼント”を見学してもらってまずはお姫様岩、風も無くピーカンで暖かだったぜ。ともちゃん先行で”カミイルート”。終了点直下のなんだか恐ぇセクションを頑張ってクリアでオンサイト、なんでもクラックルートのオンサイトは初めてってぇことじゃねか、めでてぇ。
そのままトップロープにしてもらっておいらは隣りの”ネイキッドクラック”をお触り。こっちはでっかいカムが必要だな。登り自体は難しく無ぇけどこりゃクラック登りになかなかならねぇよ。終了点間際の出っぱった岩に頭をぶつけないように要注意だぜ。

あやちゃんも登って上で向こうの誰かと話してる。ロワーダウンして取りつきに降りてくるとおいらに「良かったねぇロープがかかったよ」・・・?

お姫様岩を引きあげ課題の前に移動。あ、本当だ、ロープが掛かっているじゃねぇか。
ロープの持主ははじめましてのMASAさん。お互い課題で誰かと一緖になるのは初めてだぜ。

お言葉に甘えてロープをお借りしてトップロープ。3−4ピン間の例のムーブ探ぐりをしたよ。前回なんとなくそうじゃねぇかってぇ思っていた右足の位置、やっぱりそこまで上げねきゃいけねぇんだな。右足を上げることに集中して軽く右足の爪先を岩にあてて右手をそーっとのばす、こらえきれなくてえいってぇ出しちまってフォール、、、でも今までにねぇくらいホールドに右手が近づいたぜ。何度か試してロワーダウン。

2回目、今度はきっちり最初から。最初の難しいセクション。MASAさんのムーブを真似してみた、、、確かにこの方が楽だ。2ピン目クリップ後のポケット取りムーブは1回で成功。あれ!?次のムーブを忘れちまってる、、、思い出しは今日はやめておいて、例のムーブだ。「えいっ」がいけねぇんじゃねぇかととにかく我慢してじわじわと右手をのばす、距離はいつも十分だけど最期の最後でえいってなっちまってタッチでフォールしちまう。それでも一度じわじわと右手を伸ばして指先がホールドにゆっくりとそして軽くかする感じまで出来た、、、こんな感触なんだろうな。足の親指の腹が痛くなっちまってムーブがおこせねぇから今日はここまで。

MASAさん今日はいろいろありがとよ。

JACKが「岩の状態が良くなるとできるようになるよ」ってぇ言ってたけど今日はそんな日だったのかな?

#”カミイルート”をトップロープでトライするあやちゃん
・秋晴れの花崗岩にクライマー
・綺麗だねぇ

ヘルシーパークに寄ってひとっ風呂。帰りの中央高速渋滞は少なめ。
あやちゃん、ともちゃんおつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day5 “JYOUSYO”

おしのさんと。
空梅雨だった梅雨が明けたら雨、どうなっちまってるんだろうな今年の夏。
昨夜遅くまで雨が降っていたけどあそこなら大丈夫だろうってぇお殿様岩。
アプローチの落ち葉がヒタヒタに濡れていてなんだか気分が悪ぃ。

取り付きに荷物を置いて”大貧民ルート”今日も2ピッチ目から先行はおしのさん。思ったほど状態の良くねぇ岸壁を攀じ登るっていく。ルート中最難?のスラブはおいら。取り付く前に雨が降ってきてちょいと焦ったぜ。
トンネルくぐりはおしのさん、てっぺんのテラスが暑ぃ。

ロワーダウンしながら課題にヌンガケ、、、下から見た印象とは違って真ん中から下は結露っぽくかなりシケシケじゃねぇか。

おしのさんは”予期せぬプレゼント”を初見トライ。キャメの5番6番を駆使してジリジリ上昇。もうちょいで一番難しいところを抜けるってぇところだったけど惜しくもテンション。まぁ状態が悪ぃからしょうがねぇ次回だな。

さて、おいら。真ん中から下のシケシケゾーンははなから諦めて課題の3ピン目周辺を探る。状態が悪ぃのもあるけどそもそもさっぱりわからねぇ。いろいろ試すけど糸口が見えねくて頭ん中がぐるぐるだぜ。
何も足がかりの無ぇところにとりあえず右足をくっつけて右手を遠いホールドに出してみる。アレ!?近づいた、、、もう一度、やっぱり近いづいたぜ。まだまだ体勢不十分でエイッってぇ感じだけど鍵は右足の使い方だな。
つま先が痛くなっちまってトライができねぇから4ピン目以降のスラブ登りまでショートカット。今日こそぶらさがらずに終了点までつなげたかったけど足上げ順を間違えてフォールしちまった。ジメジメな岩を唸りながら終了点まで。

そのまま”予期せぬプレゼント”のギア回収。懸垂しながら回収したんだけど取り付きの下の岩にロープスタックの小トラブル、取り付きのフィックスを使って懸垂してトラブル回避、60mロープでトレースのあるところまで降りられたけど下からロープを引きおろせなくなっちまったからおしのさんにロープを引き上げてもらったぜ。ザックを背負って懸垂したけどロープを取りに結局元の場所へ。岩の状態が悪くて満足に登れなかったけどなんだか運動したってぇ感じだよ。

風がほとんど吹かねぇじめじめした蒸暑な1日だったよ。

#”予期せぬプレゼント”をトライするおしのさん
・惜しかったな次回は完登だぜ
予期せぬプレゼント
帰りはおいしい学校に寄ってひとっ風呂。19時着の遅めだったからなのか大きな風呂場を独占だったぜ。
おしのさんおつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day4 “KANE no WARAJI de TAZUNERU”

Y中のアニキ、スラ婆さん、O澤さんと。
廻り目平はクライムオンってぇイベントで混雑してたぜ。駐車スペースはなんとか確保。
ピーカン予報だから今日はお殿様岩に向かったよ。

アプローチ、そろそろ慣れても良いと思うのだけどなんだかしんどいな。岩場に到着すると珍しく先行パーティ、巨神兵教室だった。巨神兵と二言三言会話をして、まずはY中のアニキの”大貧民ルート”2ピッチ目から。久しぶりのマルチピッチとあってY中のアニキはゆっくりペース。ピークに立ってY中のアニキをロワーダウンで降ろしてラッペルしながら課題にヌンチャク掛け。しばし休憩。

“課題”
今日は、3ピン目のクリップ後のムーブの探り。気温が上がって下部のムーブがおこせなくなっちまってるから目的パートまでほぼほぼゴボウで上がったぜ。
いろいろ試すけどどうにも遠い、右足がうまいことあげられねぇのがポイントだと思って試行錯誤。試す、ズリっ、試す、スリっってぇ繰り返す感じでソールの消耗が激しい。
仮にホールドが捕まえられたとして先のパートを試すけどマジで辛ぇなこのパート。

一旦降りて、休憩。

婆様が”予期せぬプレゼント”を登る。ゆっくりゆっくり確実にプロテクションを決めながら登って完登。?年ぶりの再登みてぇだ。良かったな婆様。
トップロープにしてもらっておいらも登る。去年はテンションかけかけだったからテンション無しのホワイトポイント狙いだ。次回以降のためにカムを背負わせてもらってセットしながら登る。
去年O澤さんに教えて貰った「なりふり構わず」を今回も肝に銘じ離陸。身体の細さを活かして皆の衆よりクラックの中に四肢を突っ込みずりずりと進んだよ。
上部の核心も超えて終了点直下のフェイスもクリアしてホワイトポイントだぜ。
カムのセットは婆様の登りで場所と番手の検討をつけていたけど所謂バチギキってぇのは難しいもんだな。

時計を気にせず登っていたらまぁまぁな時間。インターバルはほぼ無しで課題を試す。

涼しくなるとやはり岩の状態が良いな。ずり落ちしちまったけどスタートから2ピン目のクリップ後のポケット取りまで継続。ゴボウで3ピン目クリップ後のムーブを試す。目標ホールドの手前の薄ぃゴミカチをじりじりムーブで捕まえようってぇ試す。徐々に動きが安定してきて止まるようになってきた、、、これか? このパート今日はここまで。4ピン目クリップ後、今日はノーテンで抜けようとしたけど外傾ポケットの処理に失敗しちまった。よくよく考えてみりゃ足置きが見えにくくなるだけで基本の動きじゃねぇか、このパート次回はノーテンで抜けるぜ。

課題、とにかく厳しいぜ。
“金の草鞋で尋ねる”ってぇのかい?とにかく諦めずにコツコツやるぜ。だってそれがおいらのスタイルだからよ。

駐車場に戻るとおいらの車のお隣がきんのアニキの車だってぇ気づいた。そしたらもう宴会開始ってぇ感じでアニキ達が近くにいたぜ。アニキとまー様とちょいとお話ししてからヘルシーパークに。

#”予期せぬプレゼント”をトライする婆様
・再登できて良かった良かった
・おいらもこの後トップロープでカムをセットしながらトライしたよ
・テンション無しでクリア、ホワイトポイントってぇやつかい

渋滞ゼロの中央高速をスムーズに帰宅。
皆の衆おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day3 “NAZOTOKI”

S田さんと。
車の量は多かったけど渋滞もなくスムーズに川上村まで。
駐車場に着くと婆様とチカちゃん、それとワンコのサクラちゃんがお出迎えしてくれたぜ。

今日は気温高ぇしピーカンの予報だから兄岩はやめてお殿様とお姫様で遊ぶ事にしたぜ。高い気温のせいもあってか短ぇはずのアプローチがつれぇ、荷物も減らしたのになんでだろうな?

ゆっくりアプローチをすませ今日は”大貧民ルート”から。T師匠に教えてもらったちょいとショートカットバージョンで登ったよ。ロワーダウンして課題にトップロープをセット。セット中に婆様とチカちゃんがやって来た暑いから目標変更したみてぇだ。

みんなでお姫様岩に移動。今日は”ネイキッドクラック”をトライしようかと思ってたんだけど婆様が「ジャム決めずらいなぁ」「アームバーで肘を痛めたんだよぉ」などとクラック初心者のおいらをびびらす発言、、、時間経過を言い訳にトライ回避しといたぜ、はっはは次回次回。

お殿様に戻って課題にとりつく。今日は2ピン目クリップ後のポケット取りから上のムーブ探り。
1トライ目お日様に照らされて暖まっちまった岩は全く感触が変わっちまうようで1ピン目直後のムーブが滑ってできねぇ。復習は諦めてインチキして2ピン目上のポケットからのムーブ探りをしたよ。
最初の縦じわに右手を出してぇんだけど遠い、遠いんだよ。”予期せぬプレゼント”にトップロープをセットするってぇ使命を思い出しインチキして大穴まで。大穴からはそんなに難しくねぇだろうってぇ考えてたんだけど間違ってたぜ、こりゃぁしっかりムーブ固めておかなきゃなんねぇし岩がホットだとNGだぜ。

ちょいと休憩、ワンコのサクラちゃんとお昼寝。チカちゃんが気になってサクラちゃんはお昼寝どころじゃなかったけどな。

さて、気温が下がった夕方に2トライ目。岩の感触が1トライ目とぜんぜん違う。テンションかけずに2ピン目上のポケット取りまでつなげたぜ。ビレイのS田さんに無理言って長考。遠い最初の縦じわ、ポケットの使い方を工夫すると左手は出せることがわかった、けどよ次の動きを考えたらあきらかに右手をその縦じわに添えてぇ。左足をあげ左手を・・・右手を添えられたぜ。左手を薄〜いカチに添えて左足を高ぇ位置にあげて吠えながら乗り込む・・・出来た。
縦じわとスメアリングでちょいと高度をあげてまたまた遠いホールド、、、。

トライする人が少ねぇからか花崗岩の結晶が粗ぇ。折角再生した指皮がなくなっちまった。謎解き、今日はここまで。

・お姫様岩はさながら女子会の様相
・ワンコのサクラちゃん疲れて一眠り
・お殿様岩のてっぺんから駐車場を望む
・長時間履いていたら靴の色が足にうつっちまったよ
・青鬼が笑っているぜ

帰り道野辺山周辺にゼッケンつけたランナーがいっぱい。100キロマラソン?をやってたみてぇだぜ。
S田さんお付き合いありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day2 “NAZOTOKI no HAJIMARI”

GW2日目、今日もM師匠と婆様にお願いしてお殿様岩に行くことにしたぜ。
早寝したのに実は寝不足。就寝から4時間後のAM2:30に起きちまってそのまま眠れなかったよ。深夜の夜空はいつ見ても感動するけど就寝から4時間後に目覚めるってぇのが嫌だねぇ。

朝飯はニトスキ(大)でベーコンエッグ、米炊きに挑戦したけど失敗の焦げ焦げ。チタンのコッヘルを選んだのがいけなかったのかなぁ。まぁ何事も経験だぜ。
えれぇ久しぶりのF巻さんと遭遇しおしゃべり、そしていろいろと片づけをしてから遅めの出発、日当たりの良い大日駐車場は夏の陽気みてぇに暑ぃ。途中のクジラ岩はコンペ会場みてぇな混雑、人気だねぇ。
お殿様岩へのアプローチは短ぇけど寝不足のおいらにはそれなりにきつかったよ。

岩場到着。もちろん誰もいねぇ。ウォームアップに迷うお殿様岩。今日はお隣のお姫様岩でトラッドすることにしたよ。お姫様岩、初めて行ったけど秘密の岩場みてぇで静かで良い感じ。2本のクラックのうち”カミイルート”をトライしたよ。なんとかオンサイトしたけど事前にO俣さんに聞いていた通りで終了点直下が悪ぃな。かなり強引に抜けたぜ。岩塔に立って婆様に「おーい写真撮ってくれー」って言ったら「持ってきてなーい」って言われちまったよ。でもよ、クラック初心者のおいらがリードして、M師匠、婆様がトップロープってぇのはちょいとどうなんだい!?

遅めの出発だったから1本登って良い時間。久しぶりなカップ麺を喰って課題にヌンガケ。去年8月に触った時と岩の感触がだいぶ違うな、所々に消しかけのチョークマーク。
寝不足解消に少々お昼寝。

去年は1ピン目から2ピン目までの目処をつけたから今日はその確認と2ピン目クリップ後のムーブ探り。1ピン目から2ピン目、去年は岩の状態が悪かったのだろう、遠い穴カチがあまり苦労せずにつかめたよ。その後の動きもじわじわ登りでクリア、2ピン目クリップ位置までの動きもじわじわ。さて、2ピン目クリップ後のムーブ。小さなホールドと甘いホールドをつかんで遠くに見えるポケットに手を伸ばすムーブ。このホールドでこのホールドにのる?しばし思案したけど試してみる。シャウトしながら両足を?なホールドにあげる・・・のった。次は手を伸ばしてみる・・・後1cmってぇところでフォール。もう1回・・・今度は足が滑った。もう1回・・・届いた!

謎解き開始で一歩前進ってぇところだな、まずあのホールドに立てている事に不思議な感覚。先人達が指皮とシューズのソールの減りに気を使うってぇのがちょいとはわかった気がしたぜ。

早めだけど今日はここでおしまい。
ヘルシーパークに寄って、中央高速の渋滞を迂回回避して帰宅。

#お姫様岩
・お姫様岩、取り付きまでは少々冒険だけど下地は平らで安定しているぜ
・”カミイルート”終了点直下の抜け口が悪ぃ(右上)
・ピーカンなお空と屋根岩2峰(右下)

M師匠、婆様おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day1 “HAJIMARI no TOKI”

O澤さんと。
前日の渋滞予測が「AM6時相模湖から45km」なぁんてひでぇことになってたからいつもより早めの出発をお願いして、かつ渋滞状況を見ながら相模湖まで下道、相模湖から高速。この作戦は成功でスムーズに現地まで到着したぜ。

けどよ、キャンプ場は大混雑。駐車スペースが見つかりそうもねぇから蕎麦屋跡まで降りて駐車。歩いてキャンプ場まで戻るつもりだったけど鈴木牧え号に拾ってもらってキャンプ場ゲートまで1分、助かったぜ。

トイレ前でもう一人のK寄さんと遭遇、何年ぶりだろう?お元気そうで何より、奥様お子様にもどうぞよろしくだぜ。

お殿様岩へ向かう。いつもウィスキーボトルからアプローチして急登に疲れちまうから今日はクジラ岩からアプローチ。
“大貧民ルート”を登るので”スーパーイムジン”の下に道具を置いて他の荷物を課題の前に移動。小休止後、”大貧民ルート”を登りに出発。

“大貧民ルート”
1ピッチ目
実は去年下部で1度ぶら下がっちまってるぜ。今回もなんだかやばかったけどO澤さんに「右、右」って言われて顔の前にあるガバを掴んで突破、、、良かったぜ。

2ピッチ目
取り付きでT師匠作「しのび」を眺める。まぁまぁな傾斜だから眺めるだけでやめておいたぜ。それとチムニートンネルも確認。
2度目だから次の展開はわかってるけどなんだかドキドキするよな、スラブまでのトラバースはO澤さんにツルベしてもらったぜ。

スラブパート
2度目だからか前回ほどの恐怖はねぇけどやっぱり怖ぇよなココ。慎重に登って最初の岩塔。

穴くぐりパート
お股寒ぃワイドをまたいで穴くぐり、腰回りの荷物も邪魔だから穴の基部においてくぐったよ。O澤さんは「胸筋がつかえて登れない」ってぇ苦労してたけど、なんとかくぐれてひと安心、ここで敗退は寂しいからほっとしたぜ。

課題にヌンチャク
ロワーダウンしながらヌンチャクをかける、探りながら降りる事もできたけど空腹なのも手伝ってヌンチャクをかけただけ、50?mロープでギリギリセーフ。

課題
なんとなく気が重ぇ。行列待ちの”予期せぬプレゼント”を見てO澤さんが「いいや、これでアップする」ってぇ軽〜く先陣を切ってくれたんで気が楽になったよ。

ロープがかかってると離陸の恐怖が和らぐよな。棚からダイク手前のホールドをとるところが微妙なバランスで気持ち悪ぃ。1ピン目直後に厳しいパートの始まり、、、き、厳しいな。
2回目の探りでなんとなく出だしの動きに目処がついた。ダイクにたってからの横移動は花崗岩らしいバランスムーブ、なるほどヌンチャクがかかっていると厳しいだろうムーブの前にクリップができるな。
3回目のトライでその体勢まで繋げられたらってぇ思ったけど甘かったよ、、、今日はここまで。

“予期せぬプレゼント”
最後にトップロープで遊んでみたよ。2〜3回溝からはき出されちまったけどなんとかトップアウトできたぜ。途中O澤さんが「こーたろーさん、綺麗に登っちゃだめ、なりふり構わずで」ってアドバイス。アドバイス通りにケツと骨盤のジャミング、しまいにゃ額まで利用して登ったぜ。しかし、ワイドクラック登るのに2人とも半袖半ズボンってぇのはどうよ(笑)結構楽しかったからまた登ろうっと。キャメロットの5番と6番買っちまおうかな。

課題の前で「この季節にですか⁉︎」ってぇ別パーティの紳士に言われたけど「触ってみなきゃ始まらねぇから」ってぇ答えたよ。
そうさ、いつも はじまりのときは 「トライしてみなきゃわかんねぇ」だよな。
Five years plan はじまりだぜ。

#”予期せぬプレゼント”をトライするO澤さん
・ワイドクラック入門編
・奮闘の登りでクラックを抜けた時はぜーはーしちまったよ
・こういうのをリラックスして楽しく登れるようになりてぇな

甲斐大泉の温泉に寄ってそんなに激しくない渋滞の中帰宅。
O澤さんおつきあいありがとよ。
じゃ、またな。