Posts Tagged: 父岩

小川山 風が強ぇ!

K島さん、I永さん、Mのさんと。
今日は外岩経験の少ない2人がいたからまずは父岩に向かったんだけど日影で強風の”小川山物語”はつらかったぜ、この時期は朝一にトライしちゃいけねぇな。

“紅葉”でウォームアップをしなおして”サマータイム”。今日は前にあった強ぇアニキと一緒にトライだ。

○今日の”サマータイム”
(1)ピーカンだけど強風だから岩はバリバリに乾いていたぜ。乾いているだけじゃなくて岩の表面温度も低かったんだろうな、2ピン目をクリップしたところで指先ジンジン。指先がそんなだからかつま先置きがおろそかになっちまったのか2ピン目のボルダームーブにはいる前にスリップしてフォール。
仕切り直して3ピン目にクリップ、指のジンジンに耐えられずテンション。仕切り直して終了点まで。

いつもの2テンだったけど、核心終了前のカチ取りのコツがわかった事と開く指先に堪えながら最後のムーブを作れたのは成果有りだぜ。

(2)”アルパイン少女マミ”のビレイをしながら見上げる”サマータイム”はいつものようにピーカンだったのにテラスに移動したら夕暮れモード、日が短くなってんだな。強風で焼き石の冷めるのが早ぇぜ。
下部パートを無難に進めて2ピン目にクリップしてガバカチ取り、、、このムーブ安定してきたぜ。先週の失敗を教訓に丁寧に足を運びきっちり置いてゆっくりボルダームーブをおこそうと体重移動を始め左足を上げようとしたら右足がにゅるっと外れちまった、、、きっちり置いたのに何故!?

一旦降りてもう一度トライしようとも思ったけど日暮れだし強ぇアニキも待ってるから今日はここでおしまい、、、相変わらずコスパ悪ぃぜ。

回収要員で最後に”がんばれ熊さん”を登ったけど限定つけねぇでグレード通りに登ろうぜ。ま、どう登っても厳しいんだけどな。

#今日の”サマータイム”
・ピーカンだけど強風で状態最高
・でも強風で体が冷え冷え
・一部で有名なデカ焼き石も焼の後の冷ましであっという間にぬるくなっちまって役にたたなかったよ
・この前まで夕方しか登れなかったのに日が短くなって夕方時刻にはもう登れねぇ、このルートに本当に翻弄されてるぜ
サマータイム
#金峰山荘周辺はもう冬枯れ
・11月に小川山に行ったってぇのは実は初めてだよ
金峰山荘
皆の衆おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

小川山 兄岩・父岩 森の緑にかこまれて

新人と小川山。
天気が心配だったけど出かける前にキャンプ場のミキティさんにメッセンジャーしたら青空の写真を送ってくれた。ミキティさんありがとよ。
清里辺りが濃霧状態で心配になったけど川上村は青空、後は何時まで登れるかってぇ感じでキャンプ場入り。
新人に色々トライしてもらうのとできれば”サマータイム”をおさわりしようかなぁってぇ兄岩に行ったぜ。
増水してたのかなぁ渡渉ポイントがわかりずらくて行きも帰りもじゃぶじゃぶだったよ。

(1)”タジヤンⅣ” 完登
下部が何となく湿っぽかったけど人気課題なのかな?チョーク跡もたくさんあって登らせていただいたってぇ感じだな。
けどよこいつはスラブじゃねぇよな。だってスメアしなかったぜ。
“三日月のピンクリップ”をトライしようかなぁってぇ考えてたんだけど上部が重なるからやめちまったぜ。

(2)”森の緑にかこまれて” 思いだし?
兄岩上部のテラスに行ってみたら、新人に登ってもらおうと思った”もみじ”はセンパイスクールが始めるところだった。それなら”ガンバレ熊さん”でもと戻ったんだけどT内さんがトライしているところだったよ。
時間がもったいねぇからなんだかずーっと宿題のままの”森の緑にかこまれて”をトライしてみる事にしたよ。
何となーく難しいところを覚えていたんだけどやっぱりさっくり1回でとはいかなかず上部解決に手こずったよ。

(3)”森の緑にかこまれて” 完登
完登できたぜ。記録を調べたら2004年9月25日以来のトライだったよ。
第一核心を越えたところでスクール生を引き連れたY崎さんが「もうちょっと上からトラバースだよ!」「難しかったでしょ」ってぇ声をかけてくれたぜ、、、あ、ありがとよ。
次回の宿題解決シリーズは隣の”ムーンサルト51号”だな。同じく2004年9月以来触ってねぇぜ。

(4)”ガンバレ熊さん” 再登
新人がトライしてハマっていたのでトップロープをかけに登ってみる事にしたぜ。どのくらい前だったかトライしているんだけど左の壁のステミングと終了点のスリングがボロい事だけ覚えていたぜ。
このルート渋いな。終了点も渋いから新人にトップロープは諦めてもらったよ。

(5)”もみじ” 再登
兄岩のテラスに来ると必ずこいつを登るぜ。新人用に途中にカムを追加してやったよ。必要なかったかもしれねぇけどな。
終了点にクリップした後稜線をトラバースして”サマータイム”をロワーダウンしながら見学。ムーブの確認まではしなかったけどところどころホールドを確認したぜ。次回はトップロープで探ってみよう。

(6)”小川山物語” 完登
実は初の父岩だぜ。兄岩から父岩に向かうセンパイに「ここからどうやって行くの」ってぇ聞いたら「自分も2回目なんでよくわからない」「上に行けば着くんじゃないかな」「全ての道は父岩に通じている」ってぇ答えてくれたよ。センパイ、スクール生が不安がるじゃねぇか(笑)

で、実際行ってみるとわかりやすくて近かった。
順番待ちに一組、センパイスクールは調度帰り仕度。
“小川山物語”は綺麗で長いフェイス。終了点を見上げると青空、、、綺麗だねぇ。

ルートの方は事前情報通りの乗り込み系、いや、乗り込みのみのふくらはぎプルプル系ってぇところだな。
振り返えって夕日をと思ったけど夕日はまだだった。

今日は色んな意味でアップダウンの激しいルート選びで疲れたぜ。
めいいっぱい登ったからキャンプ場1日料金ギリギリだったよ(笑)

#兄岩下部スラブ
・下部が少々湿っていたけど登れて良かったよ
・”ピクニクラ”はこの面の左だぜ
image

#森と緑にかこまれて
・2004年9月25日以来
・9年近く前の宿題解決
・隣の”ムーンサルト51号”をトライするのはいつ?
image

#”小川山物語”
・綺麗だねぇ
・優しいグレードほどピンが離れている小川山らしいルート
image
新人、おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。