Posts Tagged: 大貧民ルート

Ogawayama Five years plan Day4 “KANE no WARAJI de TAZUNERU”

Y中のアニキ、スラ婆さん、O澤さんと。
廻り目平はクライムオンってぇイベントで混雑してたぜ。駐車スペースはなんとか確保。
ピーカン予報だから今日はお殿様岩に向かったよ。

アプローチ、そろそろ慣れても良いと思うのだけどなんだかしんどいな。岩場に到着すると珍しく先行パーティ、巨神兵教室だった。巨神兵と二言三言会話をして、まずはY中のアニキの”大貧民ルート”2ピッチ目から。久しぶりのマルチピッチとあってY中のアニキはゆっくりペース。ピークに立ってY中のアニキをロワーダウンで降ろしてラッペルしながら課題にヌンチャク掛け。しばし休憩。

“課題”
今日は、3ピン目のクリップ後のムーブの探り。気温が上がって下部のムーブがおこせなくなっちまってるから目的パートまでほぼほぼゴボウで上がったぜ。
いろいろ試すけどどうにも遠い、右足がうまいことあげられねぇのがポイントだと思って試行錯誤。試す、ズリっ、試す、スリっってぇ繰り返す感じでソールの消耗が激しい。
仮にホールドが捕まえられたとして先のパートを試すけどマジで辛ぇなこのパート。

一旦降りて、休憩。

婆様が”予期せぬプレゼント”を登る。ゆっくりゆっくり確実にプロテクションを決めながら登って完登。?年ぶりの再登みてぇだ。良かったな婆様。
トップロープにしてもらっておいらも登る。去年はテンションかけかけだったからテンション無しのホワイトポイント狙いだ。次回以降のためにカムを背負わせてもらってセットしながら登る。
去年O澤さんに教えて貰った「なりふり構わず」を今回も肝に銘じ離陸。身体の細さを活かして皆の衆よりクラックの中に四肢を突っ込みずりずりと進んだよ。
上部の核心も超えて終了点直下のフェイスもクリアしてホワイトポイントだぜ。
カムのセットは婆様の登りで場所と番手の検討をつけていたけど所謂バチギキってぇのは難しいもんだな。

時計を気にせず登っていたらまぁまぁな時間。インターバルはほぼ無しで課題を試す。

涼しくなるとやはり岩の状態が良いな。ずり落ちしちまったけどスタートから2ピン目のクリップ後のポケット取りまで継続。ゴボウで3ピン目クリップ後のムーブを試す。目標ホールドの手前の薄ぃゴミカチをじりじりムーブで捕まえようってぇ試す。徐々に動きが安定してきて止まるようになってきた、、、これか? このパート今日はここまで。4ピン目クリップ後、今日はノーテンで抜けようとしたけど外傾ポケットの処理に失敗しちまった。よくよく考えてみりゃ足置きが見えにくくなるだけで基本の動きじゃねぇか、このパート次回はノーテンで抜けるぜ。

課題、とにかく厳しいぜ。
“金の草鞋で尋ねる”ってぇのかい?とにかく諦めずにコツコツやるぜ。だってそれがおいらのスタイルだからよ。

駐車場に戻るとおいらの車のお隣がきんのアニキの車だってぇ気づいた。そしたらもう宴会開始ってぇ感じでアニキ達が近くにいたぜ。アニキとまー様とちょいとお話ししてからヘルシーパークに。

#”予期せぬプレゼント”をトライする婆様
・再登できて良かった良かった
・おいらもこの後トップロープでカムをセットしながらトライしたよ
・テンション無しでクリア、ホワイトポイントってぇやつかい

渋滞ゼロの中央高速をスムーズに帰宅。
皆の衆おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

Ogawayama Five years plan Day1 “HAJIMARI no TOKI”

O澤さんと。
前日の渋滞予測が「AM6時相模湖から45km」なぁんてひでぇことになってたからいつもより早めの出発をお願いして、かつ渋滞状況を見ながら相模湖まで下道、相模湖から高速。この作戦は成功でスムーズに現地まで到着したぜ。

けどよ、キャンプ場は大混雑。駐車スペースが見つかりそうもねぇから蕎麦屋跡まで降りて駐車。歩いてキャンプ場まで戻るつもりだったけど鈴木牧え号に拾ってもらってキャンプ場ゲートまで1分、助かったぜ。

トイレ前でもう一人のK寄さんと遭遇、何年ぶりだろう?お元気そうで何より、奥様お子様にもどうぞよろしくだぜ。

お殿様岩へ向かう。いつもウィスキーボトルからアプローチして急登に疲れちまうから今日はクジラ岩からアプローチ。
“大貧民ルート”を登るので”スーパーイムジン”の下に道具を置いて他の荷物を課題の前に移動。小休止後、”大貧民ルート”を登りに出発。

“大貧民ルート”
1ピッチ目
実は去年下部で1度ぶら下がっちまってるぜ。今回もなんだかやばかったけどO澤さんに「右、右」って言われて顔の前にあるガバを掴んで突破、、、良かったぜ。

2ピッチ目
取り付きでT師匠作「しのび」を眺める。まぁまぁな傾斜だから眺めるだけでやめておいたぜ。それとチムニートンネルも確認。
2度目だから次の展開はわかってるけどなんだかドキドキするよな、スラブまでのトラバースはO澤さんにツルベしてもらったぜ。

スラブパート
2度目だからか前回ほどの恐怖はねぇけどやっぱり怖ぇよなココ。慎重に登って最初の岩塔。

穴くぐりパート
お股寒ぃワイドをまたいで穴くぐり、腰回りの荷物も邪魔だから穴の基部においてくぐったよ。O澤さんは「胸筋がつかえて登れない」ってぇ苦労してたけど、なんとかくぐれてひと安心、ここで敗退は寂しいからほっとしたぜ。

課題にヌンチャク
ロワーダウンしながらヌンチャクをかける、探りながら降りる事もできたけど空腹なのも手伝ってヌンチャクをかけただけ、50?mロープでギリギリセーフ。

課題
なんとなく気が重ぇ。行列待ちの”予期せぬプレゼント”を見てO澤さんが「いいや、これでアップする」ってぇ軽〜く先陣を切ってくれたんで気が楽になったよ。

ロープがかかってると離陸の恐怖が和らぐよな。棚からダイク手前のホールドをとるところが微妙なバランスで気持ち悪ぃ。1ピン目直後に厳しいパートの始まり、、、き、厳しいな。
2回目の探りでなんとなく出だしの動きに目処がついた。ダイクにたってからの横移動は花崗岩らしいバランスムーブ、なるほどヌンチャクがかかっていると厳しいだろうムーブの前にクリップができるな。
3回目のトライでその体勢まで繋げられたらってぇ思ったけど甘かったよ、、、今日はここまで。

“予期せぬプレゼント”
最後にトップロープで遊んでみたよ。2〜3回溝からはき出されちまったけどなんとかトップアウトできたぜ。途中O澤さんが「こーたろーさん、綺麗に登っちゃだめ、なりふり構わずで」ってアドバイス。アドバイス通りにケツと骨盤のジャミング、しまいにゃ額まで利用して登ったぜ。しかし、ワイドクラック登るのに2人とも半袖半ズボンってぇのはどうよ(笑)結構楽しかったからまた登ろうっと。キャメロットの5番と6番買っちまおうかな。

課題の前で「この季節にですか⁉︎」ってぇ別パーティの紳士に言われたけど「触ってみなきゃ始まらねぇから」ってぇ答えたよ。
そうさ、いつも はじまりのときは 「トライしてみなきゃわかんねぇ」だよな。
Five years plan はじまりだぜ。

#”予期せぬプレゼント”をトライするO澤さん
・ワイドクラック入門編
・奮闘の登りでクラックを抜けた時はぜーはーしちまったよ
・こういうのをリラックスして楽しく登れるようになりてぇな

甲斐大泉の温泉に寄ってそんなに激しくない渋滞の中帰宅。
O澤さんおつきあいありがとよ。
じゃ、またな。

小川山 マルチをハシゴ

今日は婆様のリクエストでまずは”あみだくじルート”に出かけたぜ。
初めてのエリアで100岩にまたやられたぜ、シリーズでキツネ岩の先まで行こうとしちまったよ。トポを作る皆の衆わかりやすい図解よろしく頼むぜ。

“あみだくじルート”
マルチピッチを登るのはどのくれぇぶりだろう? 7〜8年ぶりじゃねぇかな。
取り付きでシステムの確認をして、まずはおいらが先行。

・1ピッチ目 中間支点はボルトとナチュプロ。ちょいと高めの1ピン目にセットしたらいきなり微妙でバランシーなムーブでしびれたぜ。カムをいくつか決めて小さなハングを越えて2ピン目にクリップして一安心。その後もバランシーでピンはあるけどランナウトな登りが続いき木の支点にスリングを巻いて、婆様のフォローを待つ。このルート、1ピッチ目が一番しびれるぜ。

・2ピッチ目 フォロー。見た目が不安な出だし、出だしてみれば難しくなかったよ。テラスにある木で支点。

・3ピッチ目 おいらがリード。テラスからトラバースすればピカピカのハンガーが見えるんだけど、トポだと違うラインらしい。すぐ上にある棚にあがるラインで登ったぜ。登り自体はガバが続いてて優しそうに見えるけどプロテクションは全てナチュプロ、おいらはそれが不安。ひとつひとつ決めてゆっくり登ったぜ。このピッチの終了は快適なスペースのある岩のてっぺん。

本当は4ピッチ(懸垂下降)5ピッチと続くルートだったけど、2人とも5ピッチ目のスケールになんとなくビビってルンゼを下ったぜ。ナチュプロのセットに自信がありゃ登ったんだけど第六感も大事にしねぇとな。

取り付きで昼飯食ってどこ行こうかってぇちょいと相談。おいらの希望で”イムジン河”を見に行く事にしたぜ。

そんなに歩かずお殿様岩に到着。イムジン綺麗だな。時間も早ぇし何か登ろうってぇ考えて”大貧民ルート”を思い出した。時刻14時半過ぎちょいと時間が気になるけどトライしてみる事にしたぜ。

“大貧民ルート”
・1ピッチ目 おいら ジャミング不慣れでいきなりしくじってカムにぶら下がっちまったよ。グズグズな岩が嫌だな。

・2ピッチ目 おいら 細い木をまとめてタイオフ、なんだか流れが悪ぃ。カムを決めながらロープを力づくで引っ張ってピッチをきったぜ。支点は木とカムでバックアップ。

・3ピッチ目 婆様→おいら 婆様は昔の嫌なイメージがあって登りだせねぇみてぇだからおいらが交代。難しいのは出だしの1歩だけなんだけど木に巻いたスリングだけで離陸するのはなんだか怖ぇ。深呼吸をして意を決して離陸、1歩あがって慎重に深呼吸しながら広いテラスまで。

・4ピッチ目 穴くぐり 婆様 穴くぐりの前に岩の間をまたぐのが微妙にヒヤリだぜ。腰まわりの荷物を引き揚げてもらったら穴くぐりはつらくなかったよ。

あとは岩頭まで登るだけだけど”Ninja”の終了点を使って懸垂で降りる事にしたぜ。

荷物をまとめるころには日が暮れちまって、ヘッデンつけて下山。

#”あみだくじルート”
・取り付きから1ピッチ目を見上げる
あみだくじルート
#3ピッチてっぺんからの眺望
あみだくじルート
#”大貧民ルート”3ピッチ目の婆様
大貧民ルート
#穴くぐり
大貧民ルート
ヘルシーパークに寄って入浴。高速の渋滞はゼロ。
婆様、おつきあいありがとよ。
じゃ、またな。