Posts Tagged: スティンガー

池田フェイス 勉強になるなぁ

あやちゃん、スラ婆さん、そしてハイキング目的のM師匠と。
飲み会シーズン、昨夜も遅い帰宅だったからいつもより遅めの出発。立川駅エキュートでロクスノを見つけ購入、武蔵野うどん こぶしで朝食セットを食べたぜ。

あやちゃんといつもの沢井駅で待ち合わせ、いつものように静かで良いな。岩場までのアプローチ、柚子畑の中にひっそりと生えてる金柑を発見したよ。

天気予報からすると木漏れ日燦々なはずだったけど曇り空の多い寒ぃ1日だったぜ。

“ファースト・フィンガー”、”プロパー・ストレンジャー”でウォームアップ。岩が冷たかったのもあるけど今日の”プロパー・ストレンジャー”はなんだか力が入ったなぁ、登攀後肩甲骨周りに疲労を感じたぜ。

今日も”スティンガー”でセルフチェック。
半マスタースタイルの1トライ目は1フォール1テン、ついつい力が入っちまうしうまくレストできねぇ。
2トライ目は落ち着いて全てを意識して登る。ムーブに強引なところは無ぇか、レストはきっちりレストしているか、、、そんな事を考えながら高度をあげてったぜ。
6ピン目にクリップをしてレスト、きっちりレストするにはどうしたら良いか微妙に体捌きを試しつつきっちりレストができたぜ。
7ピン目に向かう最初のムーブ、省力を意識して初めてクリアできた時のムーブに変えてガストンホールド、数手進めて7ピン目にクリップ、レストは右足の位置を1トライ目とは変えてきっちりレスト。
かなり余裕がある状態で8ピン目に向かう、今までとは1段下でクリップができる事がわかってクリップ、右手のカチを忘れちまってたけど遠いカチ取りの為に股を開いて右足を掻き込み、、、あれ踏みごたえがねぇなぁと踏み直したら踏み外してフォール、、、あちゃー。

何度も本当に何度も登ってるんだけど色々と気づかされるぜ、、、勉強になるなぁ。

・1日曇がちだった池田フェイス
・朝は武蔵野うどんで朝食セット
・昼は王道焼きそばパン
・青梅線のポップな内装、色彩号が懐かしいな
今日も福島家に寄り道してビアーを買ったぜ。
皆の衆、今日も1日ありがとよ。
じゃ、またな。

池田フェイス 里帰り

おしのさんと。
奇跡の晴れなら小川山も選択肢の1つだったけど池面にしたぜ。ブログを読み返したら約2年ぶり。随分とあけちまったなぁ。

青梅線が鹿と衝突して電車遅延、東京でもこういう事故はあるぜ。

いつものように沢井駅から歩く、黄色いゆずの実が色鮮やかになってたよ。

岩場着、昨日の雨が気になってたけど取り付きから見上げると下部は濡れてるけどなんとか登れそうな雰囲気。ふと思い出してM師匠に電話をしたら参戦ってぇお返事。

まずは”ファースト・フィンガー”から登る。濡れていて気持ち悪ぃ下部を慎重に抜けて乾いている上部を気持ちよく登るつもりが、、、全面濡れてるじゃねぇか。ちっ、結露じゃねぇか、特にクラックの中がひでぇ。最上部の核心が抜けられず一旦降りる。

M師匠の到着を待って改めて”ファースト・フィンガー”にトップロープをセット。
M師匠がセットした”プロパー・ストレンジャー”をトップロープで登って昼飯。

なぜかもう1組。ナチュプロセットの練習に来てるみてぇだ。

体力他おいらの現在位置の確認にために”スティンガー”を登る。フェイスは乾いてきたけどクラックがまだ結露で濡れていて気持ち悪ぃ。それでもテンションかけながらトップアウト、、、2年経ってもムーブを覚えてるもんだねぇ。

“スティンガー”2回目。だいぶ乾いてきた。気持ち悪ぃクラックも織り込み済みだから、今日はこんなもんだと思って高度をあげたよ。6ピン目をクリップして大レスト。核心突入して7ピン目にクリップ、前腕がパンプして悲鳴。8ピン目に向かって突っ込む、、、前腕のパンプに耐えきれなくてフォール。

状態が悪くて下部で思ったより力を使っちまったかな。1テンで終了点まで。

想像していた筋持久力の低下もさることながらどこか登りのバランスが悪ぃな、丁寧さがちょいと足りねぇ感じだな。

今日はここまで。

・2年ぶりの池面
・なんだか居るだけでほっとするぜ
・昨日の雨と季節はずれの高い気温で珍しく全面結露だったよ
#”スティンガー”をトライするおしのさん
・良いルートだろう?
・今日は結露で残念だったけどまたトライしてくれよな
・ゆず畑のゆずがたわわに実ってたぜ
久しぶりの福島家でビールを買ってから沢井駅へ。
おしのさん、M師匠、1日ありがとよ。
じゃ、またな。

スティンガー 池田フェイス

厳しくて楽しくて、クライミングの要素がいっぱいつまってる。何度登っても飽きない。”スティンガー”はそんなルートだぜ。

湯河原幕岩で”スパイダーマン”を完登し”伊豆の踊り子”のおしいトライを繰り返していた時、プラクライマに”スティンガー”の噂を聞き、メグからトライしていると聞いたんだよな。
M師匠と約束をして初めて池田フェイスに行ったのは2006年1月28日、今思うと一番寒ぃ時に良く行ったなぁと思うよ。

スケールのある見事な垂直の壁、とてもとても静かなエリア、電車と歩きで行ける。そんな池田フェイスがいっぺんで気に入っちまった。その後の池面通いは皆の衆も良く知ってるよな(笑)

ファーストトライはテン山ながらもなんとなくムーブ解決してトップアウト。次のトライでいわゆる核心の手前までを繋げて手応えを感じる事ができた。
次回は登れるだろうってぇ思ってたんだけど完登までに費やしたのは6日間。それまで完登までにかけた最長日数が3日間だったからえれぇ厳しく感じたのを記憶してるぜ。

ルートは18mの垂壁、中間支点は全部で8つでピンとピンの間は適度にランナウトしている。6ピン目まではそんなに難しくはねぇけど、ほどよく前腕がパンプするアプローチってぇ感じさ。そこから終了点までがテクニカルな核心部分でおいらは8ピン目周辺で力つきちまうのを繰り返した。

「・・・終了点は目の前なのに」

直前に完登した湯河原幕岩の”スパイダーマン”と比べても”スティンガー”の方がとてつもなく厳しく感じられグレードに対する考えが変わっちまったぜ。

完登日はその年の4月1日。十分にリラックスして、いつもフォールしていた8ピン目周辺も余裕をもってクリア。そして完登。

難しくそして素晴しいルートを諦めずにトライして完登できた時はそりゃ嬉しかったぜ。
早めにあがってM師匠、プラクライマと3人で澤の井園で一杯やったんだっけな。

#池田フェイス”スティンガー”5.11cd 初登者:三池英治
・写真のクライマーはおいら。
・傾斜はほぼ90°、高さは18m。池田フェイスの一番高いところまで登る綺麗なルートさ。
・上部左のカンテを使わないってぇ限定があるぜ。
・雨後は染みだす事もあるから春秋がベストかな。
スティンガー
皆の衆、奥多摩三ツ星ルートをぜひトライしくれよ。
じゃ、またな。

池田フェイス ゆったりと

M師匠、ssさんと。途中岩トレの御仁が1名。穏やかな天気だったけど岩は1日冷たかったよ。
今日のテーマはゆったりムーブ。冷てぇ岩でどこまでゆったりできるか。

(1)”ファースト・フィンガー” ○

(2)”スティンガー” ○
冷たいのに終了点まで登れたよ。

(3)”ゴースト・ステップ” xx
ゆったりゆったりを念じて登ったぜ。4ピン目まではまぁまぁ。かじかんだ指先でムーブをおこす。核心ポケットには届いたけどかかりが浅くてはきだされちまった。その後1テンで終了点まで。

(4)”ゴースト・ステップ”
とにかくゆったり、ゆったりさ。核心ポケットは30点。左足をあげて指の位置を修正したけどよれちまって外傾カチへのムーブを落ち着いておこせずフォール。

(5)”ゴースト・ステップ”
前のトライよりさらにゆったりを心がけて4ピン目まで。核心ポケットに指先はかかったけど止まらずにフォール、、、。疲労してたみてぇだ。

(6)”スティンガー” 6ピン目
6ピン目まで登って”ゴースト・ステップ”のヌンチャク回収。

氷のように冷てぇ岩をゆったり登るのはつれぇな。
けどよそーしねぇと核心にはいっても進められねぇし、精進あるのみってぇところかな。

#穏やかそうに見えるけど岩はキンキン、氷みてぇだぜ。
20111218-184102.jpg

#良く見るけどなんて虫なんだろうな
20111218-184256.jpg

ちぃーとづつだけど、取り戻しつつあるぜ。次回は5ピン目周辺まで到達してぇところさ。
M師匠、ssさんありがとよ。
じゃ、またな。